心理

心理

心理を使った印象操作

話す順番で印象操作 いい情報と悪い情報を伝えないといけない時に、後にいう言葉が印象に残るため、最後にいい情報を伝えると印象が良くなります。 例として、 A:山田君は、いい奴だけど、ケチなんだ。 B:山田君は、ケチだけど、いい奴なんだ。 上記の言い方だと、Bの方が山田君の印象は良く見えますよね。
心理

家族関係に関する心理的豆知識

きょうだい順で見られる性格の特徴 長子 兄、姉としての役割を押し付けられるので、慎重で自制的。 神経質になりやすい。 次子 長子ほど過度な干渉はされないので、のびのびと育ち、長子よりも活発で要領がいい性格になりやすい。 末っ子 親や兄、姉に甘やかされて育つことが多いので、わがままで依存心が強い性格になりやすい。 一人っ子 きょうだいで争う機会がないので、相手に何かを訴えようとする意欲がない人が多い。 また、親の愛情を一身に受けて育った子は自己受容や自尊感情が高くなり、人当たりがよく積極的な性格になりやすい。
心理

為になる心理豆知識2

フット・イン・ザ・ドア・テクニック(段階的要請法) 最初に簡単なお願いをされて承諾すると、次に難しいお願いをされると断りにくくなるという心理を利用する。「1分だけいいですか」と、ごく小さい条件を提示して相手にお願いする手法もある。 【例】 財布を忘れたから電車賃貸してくれないか? 500円くらいならいいよ ありがとう。ついでにご飯も奢ってほしいんだけど。。。 え?まあ、そのくらいなら。。。(断りにくい。。) ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック(譲歩的要請法)
心理

為になる心理豆知識

評価の種類 相対評価 すでに存在している評価基準に従い、集団内において相対的に評価すること。 評価の基準はしっかりしていて、自分の能力の位置が明確な反面、「あの人は営業が苦手だけど、呑み会幹事は得意だ」といった個人の特性が埋もれるというデメリットがある。 絶対評価 絶対的な基準に照らして、周りの人と比較せずに見ていく方法。個人の特性が反映されやすい反面、評価する側の主観的な判断が投影されやすい。 相性が悪い上司から不当な評価をされるデメリットがある。 個人内評価 他人との評価ではなく、自分の個性を総合的に把握して発達的に評価すること。 例えば、過去の受けた苦手な分野のテストと同じ内容のテストを受け、前回より点数が良ければ成長したと実感することが出来る。 性格や行動など個人を多面的に見る必要がある。
心理

心理的効果7選 ②

ピグマリオン効果 期待された通りの成果を出すことを指します。 教育や人材の育成、開発の分野でよく使われている心理テクニックです。 例えば、成績不振の部下には、叱るのではなく、常に期待をかけることで、成績の向上を促していきましょう。 期待することで相手のモチベーションを高める
心理

心理的効果7選 ①

ウィンザー効果 第三者を介した情報や噂話の方が、直接伝えられるよりも信憑性が高くなり、伝えた人も好印象になるという心理効果です。 この効果は、特に人を褒める時に有効です。 【例】同僚:「女子社員達が、君のことかっこいいって言ってたよ」    自分:「ほんと?嬉しい」 第三者を介して信憑性を高める
心理

心理法則7選 ②

フット・イン・ザ・ドア・テクニック 誰でも承諾するような些細なお願いをしてから、次々にお願いを通す方法です。 これは、自分の自身の態度や行動に一貫した態度をとらないと信用に関わる、という心理を利用した説得テクニックです。 人は、相手からの些細なお願いを承諾すると、そのあとのお願いに対しても、一貫した態度を取ろうとするので、次のお願いにも承諾してもらえやすくなります。 小さなお願いをしてから、本当のお願い事をする
心理

心理法則7選 ①

アイ・アクセシング・キュー 視線から相手の気持ちが分かるという考え方です。 これは、視覚、聴覚などの五感で物事を感じ取り、処理をする過程で、視線がある一定の変化をするというものです。 相手の嘘を見破る際にも、有効な心理テクニックです。 視線の方向で考えていることが分かる
心理

心理を利用した簡単トリック5

達成困難な目標でも『やる気』にさせる数字のトリック 人は目標が高すぎるとやる気をなくす傾向にあります。 しかし、自分の能力よりほんの少し高い目標設定をされると、頑張れば届く距離にあるという心理からやる気が出るのです。 そこで、この心理の変化を利用して部下を発奮させる数字を巧みに操る方法を教えます。 例えば、営業成績が伸び悩んでいる部下に対しては、「月に10件の契約を取れ」とハッパをかけるとプレッシャーになりますが、「3日に1件、契約を取れば達成できるぞ」と言い換えれば、なんとなく数字が減ったように感じ、出来る気がするものです。 ダイエットに苦しんでいる友人に対しても、「半年で10キロはきついけど、1ヵ月に1~2キロずつ減量していけばいいだけだよ」と言って励ませば、友人もやる気になります。
心理

心理を利用した簡単トリック4

緊張状態を一瞬で解消できる『輪ゴムショック法』 人前に立つと緊張してしまい、頭の中は真っ白、喉はからからになって言いたいことの半分も言えなかったという経験は誰しも一度はあると思います。 そんな緊張状態を一瞬で解消する方法があります。 それは『輪ゴムショック法』です。 例えば、重要なプレゼンテーションや会議があるときに、手首に輪ゴムを一本巻いておきます。 そして、緊張感が高まってこのままではまずいと感じた時に、手首に巻いていた輪ゴムを引っ張ってパチッとはじくのです。 すると、その痛みで一瞬混乱しそうになっている頭の中の回路がリセットされ、我に返ることが出来るのです。
タイトルとURLをコピーしました