2022-09

スピリチュアル

臼井式霊気法する上での注意事項と予備知識(ヒーリング講座)

ヒーリングする際の注意事項 清潔で明るく、静かで風通しの良いなど、リラックスできる環境が望ましい リラックスすると、寒さを感じやすくなるので、バスタオルや毛布の用意をしておくといいです。ヒーリング音楽もリラックス効果がありますので、流してみるのもありです。 ヒーリングの前後は、出来るだけ手を洗う 相手に触れる前に清潔にすることと、終了後は、手についた低波動のエネルギーを洗い流す為に有効です。※低波動のエネルギーは、手を水に浸しながらじっと見て、霊気エネルギーで浄化しているイメージで洗い流すようにしましょう。 時計やアクセサリーは必ず外すこと 時計をつけていると、エネルギーによって時間が狂うことがあります。特に必要のないアクセサリーや眼鏡は外します。 受け手は横になるか、座るかして楽な姿勢をとること リラックスできることが大切です。腕や足は組まず、全身から力が抜けるようにします。 受け手に直接手を当てられないときは、手をかざすこと やけどや皮膚疾患など手を当てられない箇所は、少し離して手をかざします。異性にヒーリングするときは、直接手を当てにくい部分は、まず受け手がそこに手を当て、送り手はその上から手を当てて霊気を送るようにします。 ヒーリングの後の変化 ヒーリングを受けた後、一時的に症状が悪化したような状態になることがあります。発熱したり、排泄物が増えたり、湿疹ができたり、痛みなどの症状が出たりしますが、これは好転反応と呼ばれ、不調が解消するプロセスなので、理解しときます。
スピリチュアル

臼井式霊気法の概要と特徴(ヒーリング講座)

★『霊気療法』というのは、臼井甕男先生(1865~1926)が鞍馬山で断食中、宇宙霊気(宇宙エネルギー)との一体化によって『悟り』を得るとともに、『癒しの能力』を体得したことから始まる。 ★臼井霊気療法は、海軍内部で広められたのと同時に、弟子によって、ハワイにも広まり、アメリカで独自の発展を遂げ、REIKI(レイキ)として日本に逆上陸した。 ★技法が体系化されており、シンボルや言霊の活用による高度なテクニックを、誰でも身につけることができる。 ★単なるヒーリング技法にとどまらず、霊気波動との共振共鳴によって、価値ある人生を想像することが可能。
タイトルとURLをコピーしました