都市伝説】世界的に有名なUMAに似た未確認生物2選

都市伝説



【都市伝説】世界的に有名なUMAに似た未確認生物2選

 

世界的に有名な『ビックフット』『ネッシー』は、都市伝説にあまり興味ない人でも耳にしたことがあると思います。

なので、今回は上記のUMAに関してではなく、このUMAに付随した未確認生物についてご紹介しようと思います。

 

ビックフット

未確認生物(UMA)の中でも実在率が95%もある「ビックフット」一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

そんな「ビッグフット」と同じような人形のUMAを3つご紹介します。

 

1.ヒバゴン

 

ヒバゴンは、広島県比婆山連峰にて頻繁に目撃されています。

背丈は1.5m程度と低身長で、2足歩行。全身が毛に覆われていて、体重はおおよそ85Kg程度ではないかということです。

 

2.ガタゴン

 

 

 

ガタゴンはその姿が目撃されたわけではなく、足跡のみの発見です。

1992年山形県の畑で見つかった正体不明の足跡。

サイズが縦約22cm、横幅約15cm。指4本とその正反対の向きに1本の指があるすこし奇妙な形をしていたようです。

他の猿の足型とを比べても似つかないその形。未だにその足跡がなんだったのか不明とのことです。

 

 

3.グラスマン

 

 

グラスマンはオハイオ州の森の中にて目撃。見た目はとがったような頭頂部をしており、顔はゴリラに似ているようです。

目撃現場には、木の枝や雑草を地面に敷き詰めたものがあり、まるでベットのような形をしていたそうです。

その大きさは、長さ3メートル、幅1.2メートルとグラスマンの身長や体格にぴったりとはまるサイズだったとのこと。

 

ビックフットも含め、毛に覆われて、多少人間よりも体が大きくて、ごりらっぽい感じの生物がいたら、UMA扱いされていると思うんですけど、ゴリラの希少種や人間の希少種ではないかという意見も少なくありません。

 

正直ヒバゴンに関しては、ゴリラがたまたま二足歩行で歩いている瞬間を目撃しただけではないかと思ってしまうぐらい、普通の体型ですね(笑)

 

 

ネッシー

 

 

イギリスのネス湖に生息しているとされる「ネッシー」画像の捏造(ねつぞう)や都市伝説と大騒ぎされていた未確認生物だが、そんなネッシーと同じような巨大水棲生物が色んな場所で目撃されているので、その中から3つご紹介します。

・アッシー(神奈川県芦ノ湖に棲むと言われている巨大水棲生物)

・イッシー(鹿児島の池田湖に棲むと言われている巨大水棲生物)

・クッシー(北海道屈斜路湖で目撃証言のある巨大水棲生物)

 

ネッシーが本当にいるのかは別として、まだ湖や海の中には私たちが知らない珍生物が潜んでいてもおかしくないと思います。今後、そういった生物が陸にあげられて、解明される日が来たら、ネッシーの正体も分かるかもしれませんね

まとめ

現在でも正体は不明のままだが、実在率は高いのが現実的ですね。

ちなみに私は、ビックフットもネッシーもいると信じてますので、いずれ自分の目で現物が見れる日が来ることを祈っています(笑)

もしかしたら、10年後には動物園でビックフットが、水族館でネッシーが見れる日が来るかもしれないですね(笑)

 


招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLか副業テスターSYOと検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

初心者でも稼げる副業教えます。

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました