為になる心理豆知識

心理



評価の種類

相対評価

すでに存在している評価基準に従い、集団内において相対的に評価すること。

評価の基準はしっかりしていて、自分の能力の位置が明確な反面、「あの人は営業が苦手だけど、呑み会幹事は得意だ」といった個人の特性が埋もれるというデメリットがある。

 

絶対評価

絶対的な基準に照らして、周りの人と比較せずに見ていく方法。個人の特性が反映されやすい反面、評価する側の主観的な判断が投影されやすい。

相性が悪い上司から不当な評価をされるデメリットがある。

 

個人内評価

他人との評価ではなく、自分の個性を総合的に把握して発達的に評価すること。

例えば、過去の受けた苦手な分野のテストと同じ内容のテストを受け、前回より点数が良ければ成長したと実感することが出来る。

性格や行動など個人を多面的に見る必要がある。

 

2つの動機づけ

外発的動機づけ

叱る、褒める、報酬や地位を与えるなど、周囲や環境など外的な要素を用いて、やる気を起こさせること。強制力が強いほど、達成動機は強まっていく。

内発的動機づけ

好奇心や興味などによってもたらされる動機のこと。

「もっと詳しく知りたいから、専門職に就きたい」など、自分の意志や願望から生まれ、自分の目的に合致するほど達成動機が強くなる。

 

カドを立てない断り方

ひと言添える

目上の相手やクライアントからの依頼は断りにくいもの。

「お気持ちは嬉しいのですが、、、」

「大変ありがたいのですが、、、」など、

クッション言葉を添える。

 

理由を述べて謝る

理由がある場合は、それを正直に伝えることが重要。

「やりたくない」と気が進まない場合は、気持ちが伝わってしまうと、相手の心象も悪くなるので、

学校や仕事など自分以外の外的な都合によって、断らざるを得ない理由を述べる。

 

代替案を伝える

「今日は難しいですが、明日ならお手伝いできますよ」や「プレゼンはできませんが、プレゼン資料の準備ならします」など、代替案を出すことで、本件は断っているにも関わらず、感謝される。

 

NG

直接的攻撃反応

例えば、「今日中にこの資料をまとめてほしい」と頼まれた時にすぐに、「無理です。できません」と理由も添えずに攻撃的に反論すると不快感を与えてしまう。

 

非主観的反応

断ってしまうと、「相手に不快な思いをさせてしまうのでは」と、相手の気持ちを気にするあまり、「この人は何でもやってくれる」という印象を与えてしまい、やがてストレスとなる。

 

間接的攻撃反応

断りたい意志があるにも関わらず、言葉で伝えようとせずに曖昧な返事をしたり、ムッと嫌な顔をしたりして態度で示す。

 

 


招待コード【【F3AFE3】】

 

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLか副業テスターSYOと検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

初心者でも稼げる副業教えます。

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました