心理的効果7選 ①

心理



ウィンザー効果

第三者を介した情報や噂話の方が、直接伝えられるよりも信憑性が高くなり、伝えた人も好印象になるという心理効果です。
この効果は、特に人を褒める時に有効です。
【例】
同僚:「◯◯君のことかっこいいって言ってたよ」
自分:「ほんと?嬉しい」
第三者を介して信憑性を高める

エンハンシング効果

やる気のある人(内発的達成動機の強い人)ほど、金銭などの報酬よりも、言葉による報酬を与えられた方がモチベーションが高まります。
このように、『褒められる』という外部からの報酬がやる気を引き出させることを指します。
【例】「さすが○○君。いつも良い結果を出してくれてありがとう」
言葉の報酬でやる気を出させる

スリーパー効果

誰でも信頼できない相手からの説得を疑ってかかりますが、時間が経つにつれて『信憑性が低い』という認識が薄れ、相手を信じ始めます。
このように、信憑性の低かった説得内容を、時間が経つにつれて信用するようになる心理現象をさします。
最初は疑っていても、時間が経つにつれて信用し始める

ゼイガルニク効果

話が盛り上がり始めた時に中断されると、早く続きが聞きたいと思ってしまう現象です。
ドラマなどで、盛り上がってきたときにエンディングテーマが流れるとがっかりした気持ちになりますが、同時に早く次が見たいとうずうずしてしまう心境と同じです。
初デートの際に、最後の別れ際に相手の気になることを言って、また次話すよと言えば、二回目のデートも来てくれるでしょう。
盛り上がり始めた話を中断されると、うずうずしてしまう

単純接触効果

あることを何度も見たり聞いたりすることで、そのことに対して違和感がなくなり、安心感が芽生えてポジティブな印象を抱き始める現象です。

会う回数が増えるほど印象が良くなっていくため、あいさつ程度でも会う回数を増やせば、意中の相手に振り向いてもらえる可能性が高くなるのです。

 

接触回数が多ければ多いほど高感度が高くなる

吊り橋効果

『不安や恐怖を共有した人同士は恋愛感情が生まれやすい』という心理効果です。
不安や恐怖によるドキドキと、恋愛によるドキドキを錯覚し、恋愛感情が生まれる為です。
お化け屋敷やジェットコースターなどで気になる異性とドキドキを共有すれば、二人の距離が一気に縮まる恋の起爆剤になるかもしれませんね。
不安や恐怖のドキドキを、恋愛のドキドキだと錯覚する

ハロー効果

その人が持つ一部分が際立って優れていると、全体も良いと思い込むこと。

例えば、『東大卒』と聞いただけで、優秀な人物と思い込むのは権威によるものです。

逆に、よく寝坊して遅刻する人に対しては、『きちんと責任をもって仕事をしてくれないのでは?』という印象を抱いてしまうと思いますが、そのことを『ネガティブ・ハロー効果』と言います。

見た目が良いと内面も優れていると思われる

招待コード【【F3AFE3】】

 

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLか副業テスターSYOと検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

初心者でも稼げる副業教えます。

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました