心理を利用した簡単トリック

心理



心理を利用した簡単トリック

 

↓占いや悩み相談したい方は、3,000円無料なのでお試しに↓


※3,000円クーポンが貰えないというお問い合わせがあった為、補足ですが、上記バナーをクリック後、普通に『会員登録』するのではなく、『新規会員登録してクーポンGET』から登録してください。 

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLから検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

初期投資なしで副業で稼ぐ方法教えます

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

 

ピンチを乗り切るための『ポーカーフェイス』の作り方

不測の事態が起こってピンチに追い込まれたことは誰しもあると思います。

そういったときに大半は、焦って慌てふためくと思います。

ただ、自分が不安表情で焦っていると周りも不安にさせてしまいます。

そうさせない為にも、平常心でいることが大事です。

いや、無理だよ、、、という方!ふりだけでいいんです。

 

例として、山の中でタイヤがパンクしたとしましょう。

普通なら「困った。。どうしよう。。」となるでしょう。

そこを「うわー、派手にいったな(笑)まあ、何とかなるでしょ!」と冷静に話せば、相手はそれだけで安心し、頼りのある人だと評価します。

 

ピンチの時こそ冷静に

一瞬で打ち解けるアイコンタクト

目は口ほどにモノを言うと言いますが、実際アイコンタクトは心理戦を制するうえで実に有効な手段です。

親密で友好的な関係になりたい相手と食事中の場合

①出来るだけ相手の目をしっかり見る

目の奥を覗くような気持ちでしっかりと目線を合わせるのがコツ。

相手は次第に気分が良くなり、あなたとのつながりを感じ始める。

 

②相手の表情や言葉を見聞きしながら、親近感が生まれたのを感じたらあえて視線をそらしながら話題の核心に移るようにする

手元や持っているものに視線を落とすのがコツ。

相手はつながりがなくなったと感じて不安になる。そしてもう一度つながりを持とうとして今度は自分の方から歩み寄り、より内心をさらけ出して、オープンに話をするようになる。

 

③また目線をしっかりと合わせて、さらに突っ込んだ話をする

再びつながったことに安心した相手は一息ついてからスムーズに話に乗ってきてくれる。
押して引いての駆け引きを上手く利用する

『反対意見』を利用して会議を思い通りに操る

ニュース等で『満場一致』という言葉を聞くと、なんとなく胡散臭い気がしてしまうことはないでしょうか?
もちろん万人が納得するほど答えが明快ならいいですが、少しは反対意見があってもいいのでは?
と思ってしまうあまのじゃくな一面を持っているのが人間です。
その心情を逆手にとると他人の評価をコントロールすることが出来ます。
例えば、ある人物のことを全員が「あの人は悪い人だ」と評価したとしましょう。
そうすると、聞かされた方はどこかで「本当に悪い人なのか」と半信半疑になります。
しかし、そのうちの1割が「あの人はいい人だ」と評価したとなると、逆に9割の悪い人の意見に信憑性を感じてしまいます。
つまり、ある主張を通したいなら、全員が賛成の立場をとるよりも、反対の立場の人をそれとなく混ぜておいた方が主張が通りやすいということである。

 

賛成と反対の割合は1対9の割合がベスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました