心理を利用した簡単トリック5

心理



心理を利用した簡単トリック5

 

↓占いや悩み相談したい方は、3,000円無料なのでお試しに↓


※3,000円クーポンが貰えないというお問い合わせがあった為、補足ですが、上記バナーをクリック後、普通に『会員登録』するのではなく、『新規会員登録してクーポンGET』から登録してください。 

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLから検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

初期投資なしで副業で稼ぐ方法教えます

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

 

達成困難な目標でも『やる気』にさせる数字のトリック

人は目標が高すぎるとやる気をなくす傾向にあります。

しかし、自分の能力よりほんの少し高い目標設定をされると、頑張れば届く距離にあるという心理からやる気が出るのです。

そこで、この心理の変化を利用して部下を発奮させる数字を巧みに操る方法を教えます。

例えば、営業成績が伸び悩んでいる部下に対しては、「月に10件の契約を取れ」とハッパをかけるとプレッシャーになりますが、「3日に1件、契約を取れば達成できるぞ」と言い換えれば、なんとなく数字が減ったように感じ、出来る気がするものです。

ダイエットに苦しんでいる友人に対しても、「半年で10キロはきついけど、1ヵ月に1~2キロずつ減量していけばいいだけだよ」と言って励ませば、友人もやる気になります。

 

目先の数字でごまかすことが出来ればやる気をださせることが可能

弱い立場を逆転させるアピール方法

自分の言葉に説得力を持たせる方法は、より詳しく具体的に話すことです。
例えば、仕事が立て込んでデートの時間に遅れた場合でも、「仕事が忙しかった」と言っただけでは彼女の機嫌も直らない可能性があります。
しかし、「就業時間の間際に後輩がミスしちゃってさ。どうしても今日中に仕上げないといけない書類だったから、課の全員で手伝ったんだ。俺は計算をやり直して。。。」と事細かに説明していけば、それなら仕方がないと思わせることが出来ます。
熱く語りかける雰囲気を演出するとより信憑性が増す

『バーナム効果』を使ったトリック

相手に『この人は分かってくれてる』といとも簡単に信頼させる方法があります。
それは、『曖昧な表現』を使って褒めることです。
曖昧な表現とは、「君って優しいから」「人から誤解されやすいんじゃない」「大胆なところもあるけど繊細な部分もあるよね」のように受け取る方の気分次第でどうにでも解釈できるフレーズです。
大半の人は、優しいと言われれば、そうだ!と思うはずです。
たとえ、大多数の人に当てはまることを言われたとしても、自分の体験やその時の心理状態に照らし合わせて勝手に自分に当てはまると解釈してしまうものなのです。
当たると評判の占い師は『バーナム効果』を利用している

心理的優位に立ちたいなら『否定語』を使う

人は、「~をしてはいけない」と言われると、余計にそれをしたくなりますが、これは『カリギュラ効果』と呼ばれる心理作法で、このトリックを応用すれば相手の心をコントロールすることが出来ます。

自分がしてほしいと思うことを、あえて否定して伝えればいいのです。

例えば、「これはできないだろう」とか「こんな話聞きたくないだろうな」「無理に話さなくていいんだよ」等と言うのです。

すると、言われた方は、「だったらやってやる」と思い、話を聞きたくなります。そして、話さずにはいられなくなってしまうのです。

つまり、結果的にこちらの望むような行動をとることになるのです。

 

『~をするな、~以外は』という表現も有効的

コメント

タイトルとURLをコピーしました