心理を利用した簡単トリック3

心理



心理を利用した簡単トリック3

 

↓占いや悩み相談したい方は、3,000円無料なのでお試しに↓


※3,000円クーポンが貰えないというお問い合わせがあった為、補足ですが、上記バナーをクリック後、普通に『会員登録』するのではなく、『新規会員登録してクーポンGET』から登録してください。 

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLから検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

初期投資なしで副業で稼ぐ方法教えます

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

服従させたい時は、命令より『確認のフレーズ』を使う

誰しもが分かっていることだと思いますが、命令口調は相手のやる気を削いだり、反感を抱かせるデメリットがあります。嫌々やっていては結果はついてこないし、場合によっては意地でもやらないなどと、相手の態度を硬化させてしまうこともあります。

その命令口調の代わりに活用するのが『確認のフレーズ』です。

例えば、「あの店、早く予約してくれよ」と「あの店の予約って、どうなってたっけ?」という2つの表現を比較した時に、前者が威圧感を感じさせるのに対し、後者は疑問形で柔らかなニュアンスであることが分かると思います。

つまり、この『確認フレーズ』を使えば、相手の意見を尊重しているという雰囲気を醸し出すことができ、命令されたという『服従感』を覚えずにすんなりと指示に従ってしまうわけです。

 

乱用しすぎると手の内を見透かされたり鬱陶しがられるので注意

本音を語らせるには『たとえば』で質問する

なかなか本音を言わない人の真意を知るのは至難の業です。
こういうタイプの人は、警戒心が非常に強く、自分に自信がない人が多いです。
そういった本音を話さない人には『例えば』という言語を使って質問を仮定の話に置き換えます。
例として、
「たとえば、これを買ったらどのくらい値引きしてもらえる?」
「もしデートするなら、どんなところへいってみたい?」
といった感じで質問すれば、相手は仮定の話だとなぜか他人事のように思えてくるので、つい口も軽くなってしまいます。
仮定だと油断してポロっと本音を漏らしてしまう

反発する人が逆にその気になる『忘れてください』

何かと反発する人を説得するのはなかなか骨が折れる作業だと思います。
その反発する人をたやすく従わせるトリックが『忘れてくれ』です。
例えば、部屋を散らかしっぱなしにしている子供に掃除をさせたい場合、
まず「お前の部屋は散らかり放題だな。少しは片づけたらどうだ?」と注意します。
それに子供が反発してきたら、「いや、お前が気にならないならいいんだよ。忘れてくれ。」と、
前言撤回するということです。
このことで、不快になる発言が取り消されたので反発する必要はなくなったが、心底晴れやかな気持ちになれないもやもや状態になります。
結局、このもやもやをとりたいが為に、言われたことをしてしまうのです。
説得した後に「忘れてくれ」という一言だけでいい

相手の警戒心を和らげる会話の流れの作り方

商談でもデートでもそうだが、いきなり本題に入るのはNGです。

雑談の内容は何でもいいので、本題に入る前にとにかくYESと答えられる話題を振っていきましょう。

例として、

「今日はいいお天気ですね」→「そうですね」
「最近寒くなってきましたね」→「そうですね」

こんな風にYESとしか答えられない質問をいくつかします。

そうすることで、「YES」と答えることに抵抗感がなくなり、肝心の要求にも「YES」と答えやすくなります。

 

そんなに嫌なことでない限りなんとなく了承してくれる

コメント

タイトルとURLをコピーしました