心から信頼されてしまう上質な『会話テクニック』

心理



心から信頼されてしまう上質な『会話テクニック』

↓占いや悩み相談したい方は、3,000円無料なのでお試しに↓


※3,000円クーポンが貰えないというお問い合わせがあった為、補足ですが、上記バナーをクリック後、普通に『会員登録』するのではなく、『新規会員登録してクーポンGET』から登録してください。 

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLから検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

初期投資なしで副業で稼ぐ方法教えます

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

失敗してしょげている人を励ますコツ

部下が失敗した際に、「今回は仕方ないが次は気をつけろよ」とたいていの上司は言ってしまうがこれは部下は余計に失敗してしまう。

逆に「失敗したっていいんだ。どんどん失敗するんだよ」と励ますと、部下は方の力を抜いて仕事をすることが出来る。

肩の力が抜けるような言葉をかけてあげよう

焦っていても笑顔で相手をホッとさせろ

困ったときにも、困った顔をしてはいけない。
「うわぁ、どうしよう」という顔をしていると、そんなあなたの顔を見た相手はもっと不安になるから。
では、どうしたらいいかというと、『笑顔』と『ユーモアなトーク』である。
大きな笑顔を見せることと、冗談の1つでも言えれば相手は安心できるのだ。
困ったときほど、笑顔とトークに磨きをかける

『負の暗示』を解いて心を軽くしてあげよう

例として、逆上がりが出来ない小学生がいて、その小学生が「僕は運動神経が悪いからできない」と言ったとしましょう。
その小学生に「誰でも訓練すれば歩けるようになるし、泳げるようになる。漢字も算数も勉強すれば覚えられるでしょ。逆上がりだって同じ。訓練すれば誰でも出来るのよ」と言うと、『プラスの暗示』がかかり、出来るようになるということです。
要するに『マイナスの暗示』を解けば、出来ないものも出来るようになる。
「あなたも出来るよ」と自信や希望を持たせよう

部下や後輩を誘いたいなら正直に本音を出せ

部下に嫌われる上司は、「おごってやるよ」と言う。
たまに「キャバクラ」に連れて行ってやるよと部下を誘う上司もいるが、部下には心の中で「お前が行きたいだけだろ」と思われている。
逆に、「新しい店に行きたいんだが、1人じゃ心細いからついてきてくれないか」という上司の方がお供してもいいかなと思うものだ。
要するにかっこつけず、正直に誘う方が信頼されるということだ。
こちらが正直に話せば、相手も心を開いてくれる

『謝罪』をしながらファンを増やす

まず、謝ればいいというものではない。そっけない謝り方では、怒りに火を注ぐものだ。
最近の万引きで捕まる中高生は、まったく悪びれることがないという。
「わかったよ、お金払えばいいんでしょ」と言われ、あっけにとられる店員もいるそうだ。
何に対してもそうだが、言い訳もその後の改善も含め、謝罪したうえで成立する話であり、謝罪もせず、「でも。。。」等と言っているようでは余計に怒らせてしまう。
逆に心のこもった謝罪をすれば、それ以上怒られることもなければ誠実さが伝わり逆にかわいがってもらえることだってある。
すぐに潔く謝れば、好感度がぐっと上がる

コメント

タイトルとURLをコピーしました