困難な相手を手玉に取る『イメージ操作』の極意

心理



困難な相手を手玉に取る『イメージ操作』の極意

 

↓占いや悩み相談したい方は、3,000円無料なのでお試しに↓


※3,000円クーポンが貰えないというお問い合わせがあった為、補足ですが、上記バナーをクリック後、普通に『会員登録』するのではなく、『新規会員登録してクーポンGET』から登録してください。 

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLから検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

初期投資なしで副業で稼ぐ方法教えます

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

『プライミング効果』を使って思考誘導する

まず皆さんに問題を出します。

英語で、トラはタイガー、ゾウはエレファントである。では、カッパは?
正解は『レインコート』である。
9割の人は生き物続きだったこともあり、日本の妖怪である河童を想像し、英語でなんて言うんだろうと考えたのではないでしょうか?
これに似た誘導でよく使われるのが10回クイズである。
『血液』と10回言わせて「信号は何色になったら発信していい?」と聞くと、「赤」と答えてしまう。
これを、プライミング効果という。
このプライミング効果を上手く利用出来れば誘導回答は簡単である。
プレゼン前に相手がうんと言いたくなるデータを沢山集める

手ごたえが悪ければ、『フレーム』を変える

例として、二つのフレームを比較しよう。

『市議会の半数が、賄賂を受け取っている』
『市議会の半数は、賄賂を受け取らなかった』

文末が『市議会の半数が、賄賂を受け取っている』となっていれば、この文を読んだ人に「議員はけしからん」という結論を導かせるだろうし、『市議会の半数は、賄賂を受け取らなかった』となっていれば、「議員の中にも真面目な奴はいるんだな」という結論を導かせるはずだ。

つまり、フレームを変えることによって、相手に与える印象はがらりと変わるということだ。

フレームを少し変えることで印象操作は可能

詳しく具体的に話して信憑性を出す

例として、ある会社に中途採用で応募した際に、面接で「私は英語が出来ます」とアピールしても大して高い評価は受けない。漠然としすぎているからであり、説得力に欠けるからである。

しかし、そのメッセージをもっと詳しくして、

「私は、英会話には自信があります。また、英語でのビジネス文書や契約書作成なら、だれにも負けない自信があります。翻訳業務も可能です」と述べたらどうだろう。

おそらく説得力があり、高い評価を得られると思う。

このように、具体的に詳細をアピールすることで相手が何が凄いのかイメージしやすくなるため、1つエピソードでも入れてアピールすることが大切である。

最大限自己アピールしたい場面では、細部をリアルに語って落とせ

人間の『基本欲求』を刺激すれば、一気に注目される

日本語の中には、何の感情も引き起こさない中立的な単語もあれば、感情を揺さぶる働きをする単語もある。
例えば『消しゴム』は中立的な単語であり、これだけ聞いてもあまり興味関心は沸かない。
しかし、そこに『美人女優』を入れて、『美人女優の愛用している消しゴム』となると、興味惹かれるわけだ。
他にも
老人相手に話を聞かせたい時は『長生きできる○○』
お金が欲しい人に聞かせたい時は『儲かる○○』
等、その人が惹かれるワードを入れることで話を聞いてくれるものだ。
欲求を刺激すれば、意識をくぎ付けに出来る

『間接暗示話法』なら、相手をコントロールできる

テレビ業界で、映画監督が俳優が上手く演技が出来ないときに、下っ端のADを捕まえて「お前のせいで俳優の○○さんが、いい演技が出来ないだろうが!!」と怒鳴るという話を聞いたことがある。

これは俳優を怒れない為、ADを怒ることで間接的に俳優に分からせる手法である。

こうすることで、本人を怒らずに自然に分からせることが出来る。

怒られた本人はたまったものではないが。。。

無関係の人を叱った後は、フォローをきちんとすることを忘れずに

コメント

タイトルとURLをコピーしました