光熱費に関わるお金の運気アップ法 7選

スピリチュアル


食べ物に関わるお金の運気アップ法

 

↓占いや悩み相談したい方は、3,000円無料なのでお試しに↓


※3,000円クーポンが貰えないというお問い合わせがあった為、補足ですが、上記バナーをクリック後、普通に『会員登録』するのではなく、『新規会員登録してクーポンGET』から登録してください。 

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLから検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

高次元のメッセージを降ろして占います

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

 

光熱費は現金よりも口座引き落としやカード支払い

水道や電気料金は口座引き落としにすると、ひと月で50円程度割引が受けられます。

両方を引き落としにすると、年間で1200円強の節約になります。

クレジットカード払いは、カード会社のポイントが付きますので、それぞれ、ひと月の料金が5000円以上の場合で、還元率が1%のカードなら口座引き落としよりもお得です。

 

食器洗いの水を節約

食器は汚れが少なければ洗い、すすぎも楽で水も少なく済みます。

食べ終わった食器は重ねず運んで洗いましょう。

重ねてしまうと食器の裏側にも汚れが付きます。

シンクに運んだものをすぐに洗えない場合は、水と少量の洗剤を入れた洗い桶に食器を入れておきます。

汚れが落ちやすく洗う手間も、水の使用量も減らせます。

 

火加減は中火で、まとめ調理をするとガス代の節約に

ガス調理の場合、火加減は中火がもっとも効率的です。弱火だと火力が弱く、長時間調理をしなくてはいけませんし、強火だと火は鍋より外側に漏れてしまいます。

野菜をゆでたり、炒めたりする場合は、まとめて調理すると光熱費の節約になります。

 

ゴム手袋があれば冬の食器洗いも水でOK

食器を洗うために給湯器のお湯を使うと、当然ガス代が高くなります。

少しでも節約するなら、ゴム手袋を使いましょう。

水で洗っても冷たくありませんし、節約のほか、手荒れ予防にもなって、一石二鳥です。

 

冷蔵庫の中身の整理、設定温度の変更

冷蔵庫は中身を詰め込みすぎず半分にするだけで、年間1000円弱も節約になります。

まだ使える冷蔵庫なら、買い替えを検討する前に中身の整理整頓を心がけましょう。

一方、冷凍庫は食品がぎっしり詰まっている方が電気代の節約になります。

また、温度設定は『強』を『中』に変えるだけで、年間1500円弱の節約になりますので、季節に合わせて温度調節してもいいと思います。

 

切れかかった電球は電気消費量が大きいので早めに交換

寿命が近づいている電球を切れるまで使うのは電気代の無駄。通常よりも3倍程度の電気代がかかります。

切れかかっている電球は早めに取り替えましょう。

その時、白熱電球をLED電球に買い替えることをお勧めします。

 

炊飯器の保温はなるべく避ける

電気炊飯器には保温機能が付いていますが、保温は電気代がかかる上に、ご飯の風味も損なわれます。食べる時間に合わせて炊きあがるようタイマーを利用しましょう。

数食分をまとめて炊いた場合は、長時間保温せずに、食べる都度電子レンジで温める方が電気代も安くつきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました