人の性格に色の好みが投影され、生活の中でも色の効果が影響する!?

マインド

 

人の性格に色の好みが投影され、生活の中でも色の効果が影響する!?

 

 

↓占いや悩み相談したい方は、3,000円無料なのでお試しに↓


※3,000円クーポンが貰えないというお問い合わせがあった為、補足ですが、上記バナーをクリック後、普通に『会員登録』するのではなく、『新規会員登録してクーポンGET』から登録してください。 

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLから検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

高次元のメッセージを降ろして占います

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

 

真っ赤な部屋と真っ青な部屋で体感温度は3度も違ってくる!

色彩の心理学では、色の好みと正確には、ある程度の関連性があり、左の表にあるような一面が見られます。

表にない色では、黒が好きな人は現代的でナイーブなセンスを持ち、オシャレな人です。

その一方で、プライドが高く孤独を好む傾向があります。

また、白が好きな人は正義感が強く、理想主義的な面もあり、お人好しなために利用されやすいこともあります。

性格だけでなく、日常生活の中でも色の効果によって影響を受けることがあります。

例えば、赤い部屋と青い部屋では体感温度が3度も違うということです。

赤は脳を興奮状態にして血圧や脈拍、体温を上げます。

青は、脳を落ち着かせて血圧などを下げ、衝動的な行動を抑える作用を持っています。

温かみを演出したい冬はインテリアを暖色系でまとめ、夏は寒色系でまとめるなど、色の効果を上手く使うことをお勧めします。

 

物理的な距離を縮めることで友達から恋人へステップアップ!

他人に入ってこられると不快に思う距離感を『パーソナルスペース』といい、相手との関係性が濃いと狭く、薄いと広くなります。

特に、満員電車や混んだエレベーターの中で感じる不快感は、パーソナルスペースで説明できます。

見も知らぬ人に、自分のエリアにズカズカ人って来られるのだから、これは相当ストレスフルな状態といえます。

狭いエレベーターの中で階数表示をじっと見つめるのは、他者がパーソナルスペースにいるストレスをほかのことに集中して紛らわそうとする行為です。

また、パーソナルスペースには男女差があり、一般的に男性は広く、女性は狭いです。

恋人になりたい場合、効果的なのはできるだけパーソナルスペースを近づけることです。

ただし、相手がそれを望まないときは嫌われることになるので、様子をみて近づきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました