トラブル発生時の自己防衛は逆効果!良好な人間関係がトラブル対策に!?

マインド

 

トラブル発生時の自己防衛は逆効果!良好な人間関係がトラブル対策に!?

 

↓占いや悩み相談したい方は、3,000円無料なのでお試しに↓


※3,000円クーポンが貰えないというお問い合わせがあった為、補足ですが、上記バナーをクリック後、普通に『会員登録』するのではなく、『新規会員登録してクーポンGET』から登録してください。 

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLから検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

高次元のメッセージを降ろして占います

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

 

懸命な言い訳よりも今できることに全力を!

ビジネスでも家庭でも、トラブルを完全に防ぐことはできません。万が一の心のスキルとして一番基本的なことは、トラブルが起きている状況を受け入れ、今できることを一生懸命にやることです。

当たり前のようですが、いざトラブルが起こると、真っ先に自己防衛に走る人が少なくありません。長々と言い訳を口にするのは、その典型的なパターンです。自分を守ることが、お客様や会社を守ることより優先されているのです。これでは信頼を失ってしまうのです。

周囲に迷惑がかかるのをおそれ、自分だけで解決しようとするのも望ましくないです。自分はそういうつもりでなくても、トラブル隠しの疑いがかかる可能性が高いです。

必ず報告すべき人に報告し、周囲の人の協力を得ながら解決していきましょう。普段から人間関係を良好にしていると、トラブルが起きた時に協力を頼みやすいです。しかし、いきなり大仕事を頼むと、相手は引いてしまいます。

まずは、小さい頼みを受け入れてもらい、大きな頼みはその後にしましょう。小さな願いから大きな頼みに移行させる方法を『フット・イン・ザ・ドア・テクニック』といい、訪問販売のテクとして知られています。

職場で実践する前に、家庭で試してみてはいかがでしょうか?

 

アイデンティティを人生の節目に再構築!

就職や進学の面接では、相手の好みに合わせ自己像を作ってしまうものです。普通は『つくり』の部分を自覚していますが、中には自分が作り上げた自己像を自分で信じてしまう人も多いです。

相手に合わせているうちに、相手らしさと自分らしさの境界がなくなる場合もあります。そもそも『じぶんらしさ』とは一体なんでしょうか?

自分らしさを認識することを、心理学ではアイデンティティと言います。青年期にはアイデンティティが混乱しやすいですが、それを乗り越えることで、アイデンティティが確立されます。言い換えれば、自分が完成するのです。

しかし、中年期になると、肉体の衰えや環境の変化によりいつしか『自分』が変わっていたことに気づきます。そして、いい歳の大人なのに、『自分とは何か』の問題でまた悩みます。こうした『アイデンティティの危機』は、老年期の入り口にも訪れます。

心理学者のエリクソンは、人生の節目にあらわれるアイデンティティの危機を、人間のさらなる成長に必要なものとみていました。もしあなたが40代で、最近『自分がどういう人間か分からなくなってきた』と感じていても、心配しなくていいです。あなたは正常に大人の階段をのぼっているだけですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました