コミュニケーションのテクが身につくNLPとは!?

マインド

 

コミュニケーションのテクが身につくNLPとは!?

 

↓占いや悩み相談したい方は、3,000円無料なのでお試しに↓


※3,000円クーポンが貰えないというお問い合わせがあった為、補足ですが、上記バナーをクリック後、普通に『会員登録』するのではなく、『新規会員登録してクーポンGET』から登録してください。 

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLから検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

高次元のメッセージを降ろして占います

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

 

天才の真似をすれば天才に近づける

自分はリーダーに向かない、ストレスに弱いといった悩みを抱えている人も、『NLP(神経言語プログラミング)』を学べば、できる社長やストレスに強い人間になれる可能性が高いです。

NLPは、1970年代にアメリカの言語学者とプログラミング学者が3人の天才セラピストをモデルに、『脳の取り扱い説明書』を作ろうとして、はじめた研究がもとになっています。

彼らは天才たちが共通してやっていることを見つけ出し、凡人に同じようにやってもらいました。すると凡人でも天才とほぼ同じ結果が得られたのです。

現在では、さまざまな分野でNLPが取り入れられ、日本にも広がりつつあります。NLPのスキルには様々なものがありますが、代表的なものは『モデリング』です。

あなたが得たい結果を得ている人の中に入りこむイメージで、その人の言葉や体の使い方、考え方などを取り入れます。すると、短期間であなたにも同じ結果が手に入るようになるのです。

セラピストの研究から出発したNLPはコミュニケーションで特に結果が表れやすいです。優れたリーダーになることを目指し、若いうちからNLPを学んでいる人も多いです。

 

いつもと違う環境ではユニークな意見が出やすい!

参加者が全員でアイデアを出し合うタイプの会議では、そこにいる全員が物事を柔軟に考え、面白いアイデアを競うように発表するのが理想的です。その理想に近づく方法の1つが、会議の環境の工夫です。

いつもとは違う環境は脳を刺激し、発想を柔軟にします。この働きを利用してアイデアを引き出そうと、多くの企業がユニークな会議室を作っています。

例えば、和室の会議室や掘りごたつ式の会議室で、オフィスらしくない状況で会議をすることが、いつもとは違うアイデアを引き出すとされ、取り入れる企業が増えてきました。

社内に場所がない場合は、ときには社外で会議をすることを考えてみましょう。大事な会議は自然を感じられる場所で集中的に行うという企業もあります。さわやかな環境が参加者の脳を活性化させ、質の高い会議になるためでしょう。

長い会議では、適切に休憩をとることも大切です。同じことをやり続けると、脳も疲れてしまいます。休憩中は会議のことは忘れて遊びに熱中しましょう。仕事から完全に離れることで、脳は元気を取り戻します。軽く昼寝をするのも、脳を休ませる効果が高いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました