うらやましさに憎らしさが加わってねたみや嫉妬という負の感情に!?

マインド

 

うらやましさに憎らしさが加わってねたみや嫉妬という負の感情に!?

 

↓占いや悩み相談したい方は、3,000円無料なのでお試しに↓


※3,000円クーポンが貰えないというお問い合わせがあった為、補足ですが、上記バナーをクリック後、普通に『会員登録』するのではなく、『新規会員登録してクーポンGET』から登録してください。 

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLから検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

高次元のメッセージを降ろして占います

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

 

ねたみや嫉妬をパワーに変えてほしいものを手にいれよう!

自分より会社や学校での成績の良い人、経済的に裕福な人などを『うらやましい』と思うのは、人間として誰もが持つ自然な感情です。そのうらやましさに憎らしさがプラスされると、ねたみや嫉妬という強い感情になります。

自分が欲しいのに持っていないものを相手が持っているので、ねたみや嫉妬を感じるのです。ねたみや嫉妬の感情は、誰にとっても嫌なものなので、あってはいけないものだと思っている人もいます。しかし、心理学的には悪い面だけではありません。

同期が出世したり、友達に素敵な恋人ができたりした場合、ねたみを感じる人は多いでしょう。しかし、それが世界的な大富豪やハリウッドセレブ同士のカップルになると、ねたみや嫉妬も感じなくなり、『うらやましい』と思うでしょう。

人間は自分が手に入れられる可能性があると思ったものしか、ねたみの対象としないようです。最初に述べたように、これらは根本的には同じ感情です。

ねたみや嫉妬を悪い感情だと否定せず、自分が本当に欲しいものを理解し、手に入れようとします。ねたみを前向きにとらえ、パワーにつなげることも可能です。

 

幸せパターンの考え方と不幸せパターンの考え方

人生は幸せばかり起こるわけではなく、不幸ばかりということもそうないです。しかし、世の中、確かに幸せそうな人と不幸そうな人がいるように感じるのは、どこが違うのでしょうか?

例えば、金銭的にぎりぎりの結婚生活を送っているとしましょう。この時、『お金さえあれば幸せなのに』と思うのは不幸パターンの考え方です。幸せパターンの場合は、『お金はないが○○はある』という考え方になります。

ある心理学者が行った調査では、お金持ちのうち4割弱が普通の人より幸福感が低いという結果が出ました。お金があることよりも、どう考えることができるかが幸不幸を左右するということです。

人間はどのような状況、環境でも、物事をポジティブに、プラス思考でとらえることができれば幸せを感じることができるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました