あらゆる場面で人に好かれる『安心感』の与え方

心理


 

あらゆる場面で人に好かれる『安心感』の与え方

↓占いや悩み相談したい方は、3,000円無料なのでお試しに↓


※3,000円クーポンが貰えないというお問い合わせがあった為、補足ですが、上記バナーをクリック後、普通に『会員登録』するのではなく、『新規会員登録してクーポンGET』から登録してください。 

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLから検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

初期投資なしで副業で稼ぐ方法教えます

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

どんな会話にもプラスやマイナスの「暗示」が潜んでいる

『目に見えるもの』よりは、『目に見えないもの』によって人は動く。

実は、無意識のうちに暗示がかかって『目に見えないもの』によって動かされているかもしれない。

暗示を上手に使えば、人間関係はもっと楽になる

人は『裏メッセージ』に敏感だ

挨拶で使う『いつまでも若いですね』というのは、『若くない』ことを暗示している。
また、顔の表情、声の調子、身振りなどは、表面的な言葉よりも大きな影響を及ぼす。
(例)上司に何か命じられた際に、「わかりました」と返事したとする。
その時の表情として、明るく元気に「わかりました」と言うのと、嫌そうに「わかりました」というのでは、相手のとらえ方は全く違う。
セリフよりも、あなたの表情、態度に細心の注意を払おう

高感度がアップする『あいづち』の打ち方

まず、気が乗らない「あいづち」は、しない方がマシです。
会話が盛り上がるかどうかは、あいづちにかかっています。
あいづちは
どれくらい真面目に相手の話を聞いているか
どれくらい相手を好きか
どれくらい相手に共感しているか
などの指標になります。
なので、退屈な話を聞かされているときにも、肯定的なあいづちを打ってあげましょう。
話が盛り上がってきたら、最高の笑顔であいづちをうってあげる

NG表情、しぐさに要注意

嫌われる口癖

〇返事をするときに「うん」と答える
〇「ですよねー」などとだらしなく語尾を伸ばす
〇あいづちをうつときに「ハイ」を3回以上言ってしまう

不快な態度

〇髪の毛をよく触る
〇腕組みしながら話を聞く
〇話すときに口を手で覆う
以上の点が該当していれば早急に直すことをお勧めします。
自信のないように見える、負のメッセージを一掃しよう

『快活な声』を出して信頼感を増す

声は、小さいよりも大きい方がいい。これは誰でもわかりますよね。
声の大きさは、その人の『積極性を暗示』しています。
例えば、取引先の人間が発注した仕事を「は。。。い。かならず。仕上げ。。ますぅ。」のように今にも消え入りそうな声で引き受けたとしたら相手はほんとに大丈夫か?と心配になります。
逆に、自信がなくても元気よくはっきり「はい!必ず仕上げます!」と言った方が、相手も「大丈夫だろう」と安心すると思います。
お客様や取引先とは、ちょっと大きめの声で話をする

話の要点を10秒くらいで伝えてみる

『サブリミナル・メッセージ』という言葉をどこかで聞いたことはないでしょうか?
映像に紛れて、ほんの一瞬だけ「コーラを飲みなさい」といった文章が流れると、なぜかコーラが飲みたくなる現象である。
つまり、仕事で置き換えると、30分もかけてくどくどと説教するよりも10秒くらいで、パッと話を切り上げた方が、かえって相手も納得してくれるということだ。
印象的なキーワードを散りばめながら手短に話す

訪問先では『帰る時間』を匂わせておけ

訪問した際に、最初の内は本題の話をしているので気にならないが、後半につれて帰るタイミングを探り始めだす。そして、相手もいつ帰ってくれるのだろうと気になってくる。
そうした、相手に気を使わせない為にも訪問した最初の時点で、
「本日は、『1時まで』お邪魔してよろしいでしょうか」
と伝えた方が良い。
そうすることでお互いに余計な気を遣わずに話に集中できるからである。
余計な気遣いをさせないために、前もって帰る時間を伝えておく

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました