あなたの知らない睡眠と夢の関係

スピリチュアル


あなたの知らない睡眠と夢の関係

睡眠と夢に関する事実をご紹介します。

例えば平均して毎晩1~2時間、ひと晩で4~7つの夢を見ており、まったく覚えていない夢もあれば、鮮明に色や感触まで覚えているようなリアルな夢もあるのでいくつか数えられないと思いますが、それだけ脳は働いているということです。

 

↓占いや悩み相談したい方は、3,000円無料なのでお試しに↓


※3,000円クーポンが貰えないというお問い合わせがあった為、補足ですが、上記バナーをクリック後、普通に『会員登録』するのではなく、『新規会員登録してクーポンGET』から登録してください。 

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLから検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

高次元のメッセージを降ろして占います

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

 

人生のおよそ3分の1を睡眠に費やしている

私たちは人生のおよそ3分の1を睡眠に費やしています。
そう考えると「良質な眠り」というものがどれだけ大切かが分かりますよね。
人によってはたくさん眠ることを嫌う人もいます。
時間がもったいないとか、やりたいことのために寝る間をおしんで努力したいとかで。

ただ睡眠をとることで、人はリフレッシュできます。
そのことを忘れないでください。

 

人の生涯で、平均して6年間を夢に費やしている

これは、日常生活とは異なる分野に2100日以上もいることになります。

そう考えると、夢を記録していればもしかすると、あなただけの本が作れてしまうかもしれません。
それほど、夢は面白さを秘めているのです。

 

夢の歴史は、人類の歴史と同じだけ存在する

ローマ帝国の時代、衝撃的な夢や重要な夢は議会に提出され、分析と解釈がなされました。
誰が何を考えているのかを知るために、また様々な情報を知るために、夢を判断することは重要なファクターとして掲げられていたのです。

 

夢を誰もが覚えているわけではない

夢を見ていないという時は、実際は見ていても覚えていないのです。
それほど、人は寝ている間に頭を空っぽにしているのです。
夢がどんどん薄れていくのも、この覚えていないということと大きく関係しています。

 

私たちにとって夢は不可欠なもの

夢が不足しているのは、タンパク質が欠乏しているか、人格障害が疑われます。
それに、夢を見ない人物なんて少し寂しいですよね。
もしも、まったく夢を見ていないという事実があるならば、一度健康診断をして、体に不具合がないかどうかを考えてみるのもいいかもしれません。

 

脳波は起きている時よりも夢を見ている時のほうが活動的

脳波は起きている時よりも夢を見ている時のほうが活動的であることが、研究により明らかになっています。
それは、夢を見ることで(後でくわしく話しますが)頭を整理しているからです。

 

夢を見ているレム睡眠の直後目を覚ますと鮮明に思い出す

夢を見ているレム睡眠の直後目を覚ますと、朝まで眠っている場合よりも夢を鮮明に思い出すことができます。
あなたが朝起きた時に、驚くほど鮮明に夢を覚えているのは、まさにこのレム睡眠のあとに目を覚ましたからです。

 

生理学的に、夢を見ている最中に男性は勃起し、女性は膣の血流が増幅する

生理学的に、夢を見ている最中に男性は勃起し、女性は膣の血流が増幅する(夢の内容には関係ありません)ことが研究で明らかになっています。
夢精を経験したことのある人も、その時明らかに性的な夢を見ていたとは限りません。

 

赤ん坊や幼児は自分の夢を見ない

赤ん坊や幼児は自分の夢を見ません。

自分が夢に登場するのは3~4才になってからです。

悪夢を見るのは子供に一般的で、3~7、8歳くらいまでは良く見ると言われています。

 

約3%は睡眠時無呼吸にかかっており、疲労や集中力の低下につながっている

大人のうち約3%は睡眠時無呼吸にかかっており、疲労や集中力の低下につながっています。これは治療可能な症状です。
いびきの音が大きく、時おり止まったような状態にあなたのパートナー、もしくはあなた自身がなっているとしたら、病院へ行くことをお勧めします。
無呼吸は、睡眠不足になるだけでなく糖尿病や心臓の病気など様々なトラブルの原因になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました