【都市伝説】タイムトラベラーは実在した!?

都市伝説


【都市伝説】タイムトラベラーは実在した!?

 

世界で一番有名なタイムトラベラーとして、2000年にアメリカの掲示板に突如登場した2036年から来たジョンタイターはオカルト好きの皆さんならご存知だと思います。

実際ジョンタイターの話は、フィクション説が有力ですが、嘘か信かはっきりしてないのがまた都市伝説らしくて面白いと思います!

そういった話が沢山ある中で、自分が特に面白いと思った3選を挙げますので、暇潰しがてら見ていってください笑

 

タイムトラベルとは?

通常の時間の流れから独立して過去や未来へ移動することを指すそうです。

要するにいろんな時代に行けるということですね。「タイムスリップ」「タイムワープ」という

表現の方が馴染みがあるんではないでしょうか

 

80年前の壁画、アメリカ先住民とスマホ

 

 

この壁画を描いたのは、イタリアの画家ウンベルト・ロマーノさんです

1937年の作品で「Mr. Pynchon and the Settlingof Springfield」イギリスの開拓者、ピンチョンさんが初めてスプリングフィールドに行った時のイメージを壁画にしたようです。

真ん中辺りにいるボディービルダーが、スマホらしき物を触ってるように見えますね。

鞭で打たれてる様子を動画で撮って、撮れた動画の確認をしている最中の絵にしか見えないのは私だけでしょうか(笑)

 

カナダのセレモニー写る小型カメラを持つ男

 

1941年11月に、カナダでオープニングセレモニーを祝う写真だそうです。

このサングラスに小型カメラっぽいやつを持って、周りとは違うファッションをしていることから、この男、タイムトラベラーじゃね?となったそうですが、このタイムトラベラー騒動は、フェイクニュース説が有力です

写真を見る限り、まわりに溶け込めてない感じが凄いあります笑

 

2256年から来たタイムトラベラー

 

2003年アメリカでインサイダー取引の疑いから逮捕された、アンドリュー・カールシンという男性が、800ドルの元手から、株取引で2週間の間で、3億5000万ドルの有価証券を手に入れたとして話題になりました。

彼は2256年の未来から来たので、この時代の株の値動きは知っていた証言したそうです。

彼は自分がタイムトラベラーであることを証明するために、世界で「これから」起きる未来予測を証言しました。

しかしこれも、フェイクニュース説が有力です。

 

まとめ

当時の時代にそぐわない物や人物が映り込んでいる絵画や写真が世界各地に存在しています。
ただし、絵画だと薄い本がスマホに見えていたり、写真だと意図的に現代の合成技術で作りこんでいる可能性もあるので、しっかり検証する必要はあるでしょう。
また、掲示板やYouTubeで、自称タイムトラベラーとして未来に起こる出来事を予言している方もいるので、予言が当たるのか検証するのも面白いと思います。
現代の科学力ではタイムトラベルは不可能に近いですが、近未来、タイムトラベルで過去旅行等が出来たらいいなと思っています(笑)

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLか副業テスターSYOと検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

初心者でも稼げる副業教えます。

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました