『賢く譲歩』して意見を通す方法

心理



『賢く譲歩』して意見を通す方法

 

 

↓占いや悩み相談したい方は、3,000円無料なのでお試しに↓


※3,000円クーポンが貰えないというお問い合わせがあった為、補足ですが、上記バナーをクリック後、普通に『会員登録』するのではなく、『新規会員登録してクーポンGET』から登録してください。 

招待コード【【F3AFE3】】

登録後招待コードを入力するとさらに300円クーポン券がもらえます。

 

下記URLから検索してもらえれば私のプロフィールが出てきます。

初期投資なしで副業で稼ぐ方法教えます

↑(このURLから登録するとクーポンが貰えないので注意してください)↑

受け入れやすいものから受け入れさせる

よく、「お前の為に言ってあげてるんだよ」と言っている人がいるが、本人がその気がなければそのアドバイスは飲み込んでもらえない。

飲み込んでもらう為には相手が飲み込みやすい『価値観』を刺激することが大事だ。

例として、「ボランティア精神はとても大切」と言うことを納得させたくても、相手がそういう価値観を少しでも持っていないと説得は困難だ。

しかし、「ボランティアをすると思わぬ人脈が増えたり、キャリアに繋がるよ」と価値観を変えてアピールすると説得できたりする。

日頃から、相手の『価値観』にあう言葉を探しておこう

上手く反論したい時は『質問形式』でやる

上司が出したアイデアに対し、「このやり方は古いですね」や「このやり方は通用しないと思います」なんてはっきり言えないですよね。
では、どうするかというと、『質問形式』で自分が不賛成であることを匂わせればいいのです。
例えば、「企画自体は素晴らしいのですが、予算はこのままで大丈夫でしょうか?」、「畏まりました。1つ質問ですが、人員はこれで十分なのでしょうか?」等、一度飲み込んだうえで質問することで失礼さはなく自分の意見を言えるようになります。
ねぎらい承認した上で、プラスワンの質問をする

「少し様子をみませんか?」と断る

もし相手の主張に対して反論したいのであれば、あくまでも『やんわり』とやるのがポイントである。その言葉としてお勧めするのは『少し様子をみませんか?』である。
例えば、「なるほど、おっしゃる通りですね。その案いいと思います。ですが、今は少しだけ様子を見てみませんか?」と言うと、あなたが反論しているとは思わないだろう。
否定されるとムキになり、我を通そうとするが、納得した上で少しだけ様子を見ないかと言われると心に余裕ができ、まあ少しぐらいなら。。。という思考になるのである。
意見を否定するのではなく、『タイミング』や『時期』のせいにする

『ほんの少し』だけ口を割ってもらう

ほんの少しでも口を割らせることが出来れば、最終的には本音の全部が分かることが多い。
例として、営業で他社の料金を知りたい時に
「おおざっぱで全然かまいませんので、大まかな数字だけお教えくださいませんか?」と聞けば相手は「200万くらいかな」等と教えてくれる。
あとは、その大まかな回答に対して、「200万よりも高いです?それとも200万より安いですか?」と詰めていけば相手も気づかないうちにペラペラとしゃべっているわけだ。
最初に『ちょっとだけ』話をさせると、警戒心が緩んでいく

『誘ってよかった』と思わせる断り方

食事に誘われた際にあまり気乗りしないこともあるだろう。
そういう時に相手の気分を損ねず断るフレーズがある。
それは、「お誘いありがとうございます。ですが、今日は1時間しか時間がなくて、、、よろしいでしょうか?」のように時間指定することだ。
そうすることで、1時間なら今度でいいかと相手から断ってくれる。
その際に必要なのは、「いやー、残念です。日を改めてぜひ飲みに行きましょう」と言うことである。そうすることで相手を気持ちよくすることが出来る。
ひたすら残念がろう。そうすれば相手も悪い気はしない

コメント

タイトルとURLをコピーしました